売却案件の登録方法

ラッコM&Aでサイト・アカウント・アプリを売却するには、売却案件の登録が必要です。登録を行うと1営業日以内(通常1~3時間以内)にラッコM&Aが確認を行い、内容に問題が無ければ掲載が開始されます。

この記事では売却案件の登録方法について解説します。

1.売却案件登録画面

売却案件登録ページより登録できます。

2.売却案件登録

2-1.掲載者情報

掲載する方の情報を入力します。
ラッコIDのユーザー情報が登録されている場合はその内容が反映されているので、問題ないか確認してください。

2-2.本人確認(任意)

本人確認申請を行うことができます。「有効資料」欄を確認し、ユーザー情報にご登録の組織名・個人名と住所が一致する資料を添付ください。

本人確認済みのアカウントには、名前の横に「本人確認済み」ラベルがつき、買主から信頼を得やすくなります。

参考:本人確認申請方法とメリット

2-3.サイト情報

売却したいWebサイト、アカウント、アプリの詳細情報を入力していきます。
詳細情報のうち、サイト名(アプリ名)・URLと添付ファイルは、交渉開始後に買主に公開されます。
また、サイト・アカウント・アプリは複数売却することができます。

主な売却物の種別

WEBサイト、アカウント、アプリの3種類からお選びください。

選択例
  • WEBサイト:WordPressなどで作成されたサイト
  • アカウント:amazon・eBay・Shopifyのセラーアカウントなど
  • アプリ:アプリ、システムなど

サイト名/サービス名/アプリ名・URL

譲渡契約書に記載されますので、必ず正確な名称をご入力ください。特にアカウントの売却では、アカウントのプロフィールページ、販売者情報ページなどの譲渡物を特定する情報を入力してください。

この情報は交渉を承認した買主にのみ開示されます。

複数の売却物がある場合

「サイト(サービス/アプリ)を追加」を押すと、入力欄を追加することができます。

カテゴリ

案件にもっとも近いと思われるカテゴリをお選びください。複数選択可能です。

収益モデル

「広告(Adsense/アフィリエイトなど)」「利用料(月額利用料など)」「物販(自身で仕入販売を行っている)」「アプリ内課金」などからお選びください。
「その他」の場合は詳細を「その他の内容に入力」より入力してください。
アフィリエイト広告を貼っていないなど、収益がない場合は「なし」をお選びください。

各収益モデルの定義
  • 広告
    アフィリエイト、Googleアドセンス、Amazonアソシエイトなど広告掲載料で収益を得ている
  • 利用料
    サービスの月額利用料などで収益を得ている
  • 物販
    ECサイトなど、自身の仕入れ販売で収益を得ている
  • アプリ内課金
    アプリ内の課金制度により収益を得ている

公開時期

覚えていない場合、Waybackでアーカイブから確認することもできます。アーカイブがない場合は、Whois検索でドメインの取得時期などもご確認ください。

MEMO

公開時期がドメイン取得時期より前になっている場合、修正のご確認や追加情報のお願いをする場合があります。

記事数

分からない場合、案件登録画面の「Googleのインデックス数を確認する」リンクより、サイトのページ数を確認することができます。

SNS総フォロワー数

譲渡対象物に含まれるSNSアカウントのフォロワー合計を入力します。
ツイッター、インスタグラムなどSNSごとのフォロワー内訳は補足情報に入力してください。

入力例
SNS総フォロワー数:2万人
【補足情報】
ツイッター:1万人
インスタグラム:1万人

運営作業内容

運営にあたり必要となる作業をご入力ください。

入力例
記事制作(外注可)・編集、既存記事の更新、アフィリエイト広告の設置

集客方法

集客方法を選択してください(複数選択可能)。

集客方法にSNSが含まれる場合
サイトやアプリに紐づくSNSアカウントがある場合は、その譲渡可否を明記してください。譲渡対象に含まれる場合は2-4.案件情報の譲渡対象物に、含まない場合は譲渡対象とならない物に記載してください。

収支

期間を選択し、売上/月、コスト/月を入力すると営業利益が算出されます。
売り上げデータ、ドメインやサーバーの更新費は税込み表示で、1円単位まで表示するようにしましょう。

入力例
  • 売上/月:51,043円
  • コスト/月:2,204円
    【補足情報】2203.66…円となります。
    ・サーバー代:1958円 / 月(税込)
    ・ドメイン代:2948円 / 年(税込)
  • 営業利益/月:48,839円

アクセスデータ

入力方法は、「簡易入力」「GoogleAnalytics連携」「過去6ヶ月入力」「過去12ヶ月入力」から選べます。

ラッコM&AではGoogleAnalytics連携を推奨しています。データの改ざんができない証憑であること、サイト所有者の確認にもつながることで、買主の信頼を得ることができます。
データは自動入力されるため、入力の手間も省けます!

添付ファイル

詳細な収支、アクセスデータ、SNS運用データ、エビデンス(証拠)となる資料などを添付できます。
この情報は交渉を承認した買主にのみ開示されます。

添付例
  • アフィリエイトの広告収益内訳
  • 広告収益(アフィリエイトサイトの承認報酬)ページのスクリーンショット
  • 譲渡可能なサテライトサイト一覧
  • サイトに紐づくSNSアカウント情報(ID、プロフィールページURLなど)

2-4.案件情報

あなたの立場

「売主(譲渡対象物の所有者本人)」または「代理人(売主に売却を委託された代理人または代理業者)」からお選びください。

案件名

買主候補が、案件一覧などで最初に見る情報です。興味を持ってもらうためには、アピールポイントを盛り込みつつ、サイトの概要を簡潔に説明しましょう。
「フォロワー5万」「170記事」など具体的な数字を入れたり、アピールポイントを冒頭に付けると効果的です。

入力例
  • 【Twitterフォロワー5万以上】SEO・SNS両軸で集客できているゲーム系情報メディア
  • 【170記事・SEO安定】日常生活に深く関わる「ものの値段」に関する情報メディア

アピールポイント


案件詳細ページで目立つ情報です。アピールポイントはより具体的に押し出すことが重要ですが、とくに記事数・広告売り上げなどは実際の数字よりも大きい数字は書かない・過度な誇張をしないように注意してください。

入力例
  • 幅広いジャンルに関する100記事の豊富なコンテンツ(1記事5,000~10,000文字程度)
  • アフィリエイトの特別単価引継ぎ可能
  • 2021年1月初旬から更新停止しつつも広告収入・SEO流入が安定

概要/アピール文

上記のアピールポイントを具体化し、サイトの概要や運営状況をより詳細に記入します。
買主とのトラブルを未然に防ぐためにも、ネガティブな情報もしっかりと書きましょう。

入力項目例
  • サイト概要(ジャンル、記事数・文字数など)
  • 運営内容、方法
  • 成長余地、収益改善ポイント
  • 運営・アクセス状況
  • サテライトサイト(あれば)
  • インフラ環境(利用しているCMS、サーバー・ドメイン会社など)
注意

ドメイン変更を行った場合、下記の項目もご記入ください。

  • ドメイン変更の時期
  • 過去ドメインからリダイレクトの有無
  • 過去ドメインからリダイレクトをしている場合、過去ドメインの譲渡可否
  • 過去ドメインにおける手動対策(手動ペナルティ)の有無

売却理由

「運営リソース不足」「別事業に注力するため」「サイト閉鎖」「その他」からお選びください。

希望売却価格(税込)

一般的に、月の営業利益の12〜24ヶ月分がサイト売買の相場とされています。

サイト自動査定で相場を調べたり、案件一覧で他の案件価格を参考にすることもできるので、ぜひ活用してください。

MEMO
成長が見込まれるサイト(コンテンツの質が高い・更なる広告導入で収益改善が見込まれる・トレンドとなっている分野の特化サイトなど)は相場よりも高値で売却されることも多々あります。

参考:売買価格の相場は?いくらくらいで売れますか?

自動値下げ機能


案件に反響がない場合、自動的に売却価格が最適化されます。「利用する」を選択すると値下げの最低価格(税込)が設定できます。

「最終交渉申込日時」「最終チャット」「最終値下げ」の全てで10日経過した場合、自動的に現在の希望売却価格から10%値下げします。値下げするとメール・Twitter・Chatworkなどで配信がされる他、サイト上での露出も強化されます。

参考:自動値下げ機能とは何ですか?

譲渡対象物

「コンテンツ」「ドメイン」「SNSアカウント」など、譲渡対象となるものすべてにチェックを入れてください。

譲渡対象とならない物

運営上必要な資産ではあるが、譲渡対象に含まれないものがある場合は「あり」を選択し、内容を「非譲渡対象物」に明記してください。

事業譲渡契約の契約方法

「電子契約(ドキュサイン)」または「独自に契約(ラッコM&Aの契約書締結サポートなし)」のどちらかをお選びください。

ラッコM&Aは電子契約を推奨しています。
弁護士無料相談・契約書自動生成(ひな形ダウンロードも可能)など、電子契約の場合のみご利用頂ける便利な機能をご用意しています!

売却にあたって最も重視すること

「金額」「適切な運営」「スピード」「こだわりなし」「その他」よりお選びください。

交渉審査

買主からの交渉を審査する方法を、「個別に確認し判断」「全て自動承認」「一部自動承認」からお選びください。

自動承認を利用すると即時情報開示が行われるため、取引完結までの手間と時間を削減できます
情報開示に対して懸念が小さい案件の場合は是非ご活用ください!
選択例
  • 個別に確認し判断
    情報開示を慎重にしたい場合
  • 全て自動承認
    手間削減・スピード重視の少額案件の場合
  • 一部自動承認
    「法人名義」「本人確認済み」など特定の条件にあてはまるユーザーのみ自動承認したい場合

交渉開始前の秘密保持契約

案件情報に関する守秘義務は利用規約第15章にて定義されております。
そのうえで秘密保持契約を締結したい場合、希望売却価格100万円以上の案件のみ、ご利用可能です。

秘密保持契約のメリット・デメリット

メリット

  • 情報の秘匿性が守られる
  • 冷やかし防止になる

デメリット

  • 交渉申込数が低下する傾向がある(とくに中小規模の案件の場合、買主から敬遠されてしまう)
  • 交渉のスピードが落ちてしまう

契約者情報(秘密保持契約書が必要な場合のみ)

秘密保持契約「必要」とした場合、契約者情報の入力欄が現れます。
代理人の場合、売買当事者の情報をご入力ください。
メールアドレスは電子契約時に使用されるため、押印の権限をお持ちの方のメールアドレスをご入力ください。

買主への質問事項

購入申し込みフォームに表示され、買主は質問に答えた上で交渉申し込みを行います。
交渉前に聞いておきたいことがある場合、記入してください。

記入例
  • サイト売買の経験はございますか?
  • サイト移転(ドメイン・サーバー移転)の経験はございますか?

3.登録完了


入力が完了したら、利用規約をご確認のうえ「利用規約に同意する」にチェックし、
「確認画面へ」ボタンをクリックします。

確認画面で再確認し、問題なければ「登録する」ボタンをクリックし、審査結果を待ちます。
下記メールの受信を確認してください。
件名:売却案件登録を受け付けました

4.掲載開始

審査に合格すると、案件一覧に掲載が開始されます。下記メールの受信を確認してください。

件名:売却案件掲載開始のお知らせ

またマイページの登録案件のステータスが「受付中」となります。

掲載にあたって案件情報の修正が必要な場合は、下記メールでご案内します。

件名:【要対応】案件情報の修正をお願いします

マイページからも修正依頼内容を確認できます。案件情報編集画面から、必要事項の修正を行ってください。修正が完了次第、案件の掲載が開始されます。