WEBサイトリアルタイム譲渡とは

WEBサイトリアルタイム譲渡とは、ラッコインフラ(ラッコドメインラッコサーバー)で構成されたWEBサイトのサーバー・ドメイン契約を、売主から買主へ即時譲渡できるラッコM&A独自の機能です。

譲渡契約締結完了後、買主の売買代金支払い(エスクロー入金)をラッコM&Aが検知すると、自動で譲渡対象サイトのサーバー・ドメイン契約名義が売主から買主のものへと変更されます。

サイト譲渡に必要なドメイン移管・サーバー移転作業が不要なため、簡単・安全・スピーディーに取引を進めることができます!

リアルタイム譲渡対応で成約率向上!
約75%の買主さんはサイト移行に障壁を感じており、リアルタイム譲渡対応であることが購入決定要因になると回答されています。
売主さんはぜひ対応をご検討ください。

参考:WEBサイトリアルタイム譲渡機能の利用方法


MEMO
サイト以外の譲渡物(サイトに紐づくSNSアカウント等)・サードパーティサービスの管理権限(GoogleAnalytics等)は、別途当事者間での移行が必要です。

通常のサイト譲渡との比較

WEBサイトリアルタイム譲渡 当事者間での譲渡 サイト移行代行を利用
ドメイン移管・サーバー移行作業 なし あり なし
(ヒアリング等は必要)
掛かる時間 なし
(即時譲渡完了)
通常1週間前後 通常1週間前後
掛かる費用 0円 ・ドメイン移管費用(約1300円~)※
・移行代行費用(16,500円~33,000円)
・ドメイン移管費用※

※同じドメイン事業者間の譲渡は無料の場合があります

WEBサイトリアルタイム譲渡のメリット

サイト移行にかかる手間・時間・リスクがゼロになる

WEBサイトの譲渡が決まったら、売主から買主へサイトの引き渡し(サイト移行)が必要になりますが、一般的なサイト移行にはドメイン移管手続きやサーバー移転といった複雑かつ手間・時間のかかる作業が発生します。また、うまく移行できずサイトが表示されなくなった、不具合が出て復旧方法が分からないといったリスクも少なからず存在します。

WEBサイトリアルタイム譲渡を利用すれば、面倒なサイト移行作業は一切不要です。ドメイン・サーバー契約がそのまま譲渡されるためサイトデータに影響を及ぼすことがなく、移転作業に伴う不具合・失敗といったリスクもありません。

売買取引がスムーズになる(取引完了までの時間短縮)

WEBサイトリアルタイム譲渡では買主によるエスクロー入金(売買代金の支払い)完了後、即時でサーバー・ドメイン契約が売主から買主へ移動されます。サイト移行に必要な期間(通常1週間前後)が無くなるため、取引完了までのスピードが格段にアップします。

売主はより早くサイトを現金化することができる・買主はより早くサイト運営を始められることで、その分トータル収益が多くなるといったメリットがあります。

取引の安心材料・アピールポイントになる

WEBサイトリアルタイム譲渡が可能な案件はサイトの所有者確認が確実になるため、買主にとっては信頼できる売主かどうかを判断する一つの安心材料となり得ます。
また、通常のサイト移行だと必要になることもあるドメイン移管費や移行代行サービスの利用といったコストを考慮することなく、価格交渉の検討を行うことができます。

売主にとっては、譲渡の利便性から買主の購買意欲が向上するため、リアルタイム譲渡が可能な点は売却のアピールポイントになります。買い手が集まりやすい分、より高くサイトを売れる可能性もあります。

WEBサイトリアルタイム譲渡機能の利用には、売却サイトでのラッコインフラ利用が必須です。ラッコサーバーでは、他社ドメイン・サーバーからラッコインフラへの移行代行も承っています!

WEBサイトリアルタイム譲渡の流れ

STEP.1
売却案件の登録(売主

まずは売却案件の登録を行います。サイトがリアルタイム譲渡の利用条件を満たしていれば、登録と同時にリアルタイム譲渡の利用設定を行うことができます。

あとからリアルタイム譲渡を有効にする

リアルタイム譲渡機能の利用設定は案件登録後・受付中の案件でも行えます。

ラッコインフラで構成されていないサイトの場合は、売却活動と並行してラッコインフラへの移行を行い、移行後にリアルタイム譲渡機能の利用を開始するのもおすすめです。

MEMO
ラッコインフラへの移行代行サービス(税込16,500円)も承っています。

移行代行ならサーバー契約3カ月無料・ドメイン移管費無料(上限3,300円)の特典付きでお得です!

STEP.2
買いたい案件を探す(買主

買主は案件一覧で買いたい案件を探し、交渉を申し込みます。

WEBサイトリアルタイム譲渡が可能な案件にはタグがついています。

STEP.3
交渉・売却先の決定・事業譲渡契約締結

交渉の末、売主がサイトの売却先とする買主を決定します。

売主・買主間で取引条件のすり合わせを行い、事業譲渡契約を締結します。

参考:サイト売却の流れ/サイト購入の流れ

STEP.4
買主による代金支払い

買主がラッコM&Aへ売買代金を送金します(エスクロー入金)。

STEP.5
サーバー・ドメインの即時譲渡

ラッコM&Aが買主からの入金を検知すると、自動で売主のサーバー・ドメイン契約が買主へ移動されます。

サイトの譲渡はこれで完了です。

サーバー・ドメイン契約の移動とは
ラッコサーバー、ラッコドメインでは契約をラッコIDユーザー間で即時移動できる機能を提供しています。WEBサイトリアルタイム譲渡ではこれらとのシステム連携を行い、自動での契約譲渡を行います。


STEP.5
サイト以外の譲渡物を移行・検収

サイト以外の譲渡物やアクセス解析ツールなどの管理権限移行は当事者同士で行います。

移行が終わったら、買主による検収期間に入ります。

STEP.6
取引完了

買主が検収完了報告を行うと、ラッコM&Aから売主へ売買代金を送金します。

これで取引は完了です。

よくある質問

売れる前にラッコインフラに移行する意味ってありますか?

  • ラッコインフラへ移行し、リアルタイム譲渡対応案件とすることで、成約率向上・より高値での売却可能性が見込めます。また、約75%の買主はサイト移行に障壁を感じており、リアルタイム譲渡対応であることが購入決定要因になると回答されています。
  • 売主・買主間のサイト移行に関するやり取りが不要なため、相手の知識・経験の有無に左右されることなくスムーズに譲渡できます。
  • サイト移行のリードタイムを短縮できるため、移行中のSEO変動で取引が破談になるといったリスクも低減できます。

WEBサイトリアルタイム譲渡の利用条件は?(売主)

下記の条件を満たす売却案件は、WEBサイトリアルタイム譲渡機能がご利用頂けます。

  • 売却物がラッコインフラ(ラッコドメインラッコサーバー)で構成されたWEBサイトであること
  • サーバー契約が下記の条件を満たすこと
    • サーバーに対し、譲渡対象のドメインのみが設定されていること
    • 本契約の有効期限内である(お試し契約でない)
    • 解約処理中でない
  • ドメイン契約が下記の条件を満たすこと

WEBサイトリアルタイム譲渡の利用条件は?(買主)

買主は下記の条件だけで、サーバー・ドメイン契約を受け取ることができます。

  • ラッコIDユーザーであること※ラッコM&Aのご利用にはラッコID登録が必須です
  • 購入案件がリアルタイム譲渡対応案件であること

WEBサイトリアルタイム譲渡の利用料金はかかりますか?

利用料金はかかりません。

複数のサイトをまとめてリアルタイム譲渡できますか?

1つの案件で複数のサイトをまとめ売りしている場合でも、それぞれのサイトがリアルタイム譲渡の利用条件を満たしていればご利用可能です。サイトのサーバー・ドメイン契約はまとめて即時譲渡されます。
例えば譲渡対象のサイトだけが1サーバー契約で管理されていたり、1サイト1サーバー契約で管理されている場合は複数サイトまとめてリアルタイム譲渡案件として連携をすることができます。

リアルタイム譲渡でサイトを受け取りたくありません(買主)

スムーズにお取引を完了させるため、一旦はリアルタイム譲渡でサイトをお受け取りいただき、サイト売買の取引完了後に任意のドメイン管理業者、サーバー業者様に移転をお願いします。
移転作業は買主様自身で行っていただく必要がございますが、ラッコM&Aにてサイト移行代行を承ることもできます。

購入サイトを再び売却する可能性がある場合は、再販価値を高く維持できるラッコインフラを継続して利用いただくことをおすすめいたします。

売却サイトでラッコドメイン(またはラッコサーバー)だけ利用していますが、リアルタイム譲渡機能は使えますか?

使えません。WEBサイトリアルタイム譲渡機能は、ラッコドメインとラッコサーバー両方を利用しているサイトのみご利用可能です。
ラッコドメイン(またはラッコサーバー)は、それぞれご自身での契約移動を行って頂けますのでそちらの機能をご利用ください。

リアルタイム譲渡を行った契約は元に戻せますか?

万が一譲渡後に検収不合格となり、サイトを返却することになった場合、ドメイン・サーバー契約をそれぞれ売主のもとへ戻す(契約移動)ことが可能です。※買主による操作が必要です
既にサイトの内容を編集していた場合は、ラッコサーバーのバックアップを復元することで譲渡時の状態に戻すこともできるので、スムーズに取引の中止が行えます。

万が一の時も最小限の手間で取引を中止することができるのはありがたいかも。