案件の交渉申込みを承認・非承認する方法

買主からの交渉申込みを、個別に確認し判断する場合の手順を紹介します。
交渉申込み審査は、案件情報「交渉審査」を編集し一部条件付きで自動承認とすることもできます。

STEP.1
買主一覧を選択

マイページ>売却サイト一覧>該当案件のメニューから「買主一覧」を選択します。
STEP.2
申込者の情報を確認

申込者の名前をクリックし、情報を確認します。
開示される申込者の情報
  • 立場
    買主(対象物の購入者本人)
    代理人(買主に交渉を委託された代理人または代理業者)
  • 名前
  • 個人/法人
  • 社名
  • 質問への回答
  • メッセージ
  • ラッコM&A利用情報
STEP.3
交渉可否判断

To Do「交渉可否判断」をクリックし、交渉承認・交渉非承認のいずれかを選択します。

  • 交渉承認
    URLなどサイト詳細情報が申込者に開示され、交渉が開始できます。
    NDA(秘密保持契約)の締結が必要な場合、NDA締結後にサイトの詳細が開示されます
    参考:NDA(秘密保持契約)作成・締結の手順
  • 交渉非承認
    申込者にその旨が通知され、買主一覧には表示されなくなります。
    交渉を非承認しても、申込者は再度申込みが可能です

複数の申込みがあった場合、それぞれ交渉することで買収条件を比較検討した上で売却先を決定できます!

参考:同時に複数の買主と交渉をすすめてもかまいませんか?