【サイト売買・WP引越し】サイトの移行方法・基本の手順

この記事では、WordPressサイト/ブログを引っ越し(移行・移転)する際の基本的な流れについて解説します。手順には、事前確認からドメイン移管~サーバー移行~動作確認までが含まれています。

こんな方におすすめ
  • サイトを引っ越しするのが初めて
  • 移行にどんな作業が必要になるのか知りたい
  • WordPress引っ越しの基本的な流れを押さえておきたい
MEMO

主要なレンタルサーバー会社ごとに詳しい移行手順を解説した記事も用意しています。今すぐ移行作業に取り掛かりたい!という方はこちらもご参照ください。

「サイト移行」一覧 | ラッコM&AのKnowledgeBase

サイト移行に不安がある、手間を省きたい…そんなときは、ラッコM&Aサイト移行代行サービスをご活用ください!

WordPress移行の流れ

  1. ドメイン・サーバー契約の確認(移行元移行先
    • 移行元、移行先のドメイン管理会社、サーバー事業者を事前にすり合わせておきます。
  2. ドメイン移管(移行元移行先
    • 移行元から移行先へ、ドメインの管理権限を移します。
  3. サイトデータのエクスポート(ダウンロード)(移行元
    • サイトデータを移行元サーバーから抽出します。
  4. 移行先サーバーの契約・準備(移行先
    • 移行先のレンタルサーバーを契約し、ドメイン設定やWordPressのインストールを行います。
  5. サイトデータを移行先サーバーへ設置(移行先移行元
    • サイトデータを移行先のサーバーに設置します。
    • SSL設定(サイトのhttps化)のため、移行元サーバーでの作業が必要になることもあります。
  6. 動作確認・ネームサーバー(DNS)の変更(移行先
    • ドメインの参照先を移行先サーバーに切り替える前に、動作確認を行います。
    • 動作に問題がなければ、 ネームサーバーの変更手続きを行います。これによりドメインが移行先サーバーを参照するようになります。
  7. 動作確認(移行先
    • ネームサーバーの変更後、最後の動作確認を行います。

1. ドメイン・サーバー契約の確認

WordPressの引っ越しを行う前に、移行元・移行先のドメイン管理会社(レジストラ・リセラー)およびサーバー事業者を確認しておきます。

基本的にドメイン管理会社は同じ会社、サーバー事業者は異なる事業者を選びましょう。

理由
  • ドメイン管理会社が同じだと、移管手続きが簡単(Xdomain、StarDomainは同一管理会社間での移管ができないため注意
  • 同じサーバー事業者を選んでしまうと、移行過程でサイトのダウンタイム(表示できない期間)が生じてしまう場合がある
MEMO

ラッコWebサービスが提供するラッコドメインなら、同一・他社どちらの場合でも移管手続きが簡単です。

2. ドメイン移管

移行元から移行先へ、ドメインの管理権限を移します。

以下2つのパターンにおける移管手続きについて説明します。

①同一ドメイン管理会社(レジストラ・リセラー)間の移管

 (例: お名前ドットコム→お名前ドットコム)

②異なるドメイン管理会社間での移管

 (例: お名前ドットコム→ムームードメイン)

①同一ドメイン管理会社間での移管

各ドメイン管理会社の案内に沿って手続きを行います。

注意

以下のドメイン管理会社は同一管理会社間での移管ができません。

②異なるドメイン管理会社間での移管

異なる管理会社間で移管をおこなう場合、基本的には以下の手順を取ります。※管理会社によって名称・必要な作業が若干異なる場合があります。

基本的なドメイン移管の流れ
  1. 移行元のドメイン管理会社でAUTHCODE(認証鍵)を発行する※汎用JPドメインの場合は不要
  2. 移行元のドメイン管理会社でトランスファーロック(ドメインロック)とWhoisプロテクトの解除をしておく
  3. 移行先のドメイン管理会社で、AUTHCODEを使って移管申請
  4. 各ドメイン管理会社の手続き方法に沿って移管申請を承認する
  5. 移管完了

詳しくは管理会社ごとの案内をご参照ください。

3. サイトデータのエクスポート(ダウンロード)

移行元のサーバーから、サイトデータを抽出(エクスポート・ダウンロード)します。

サイトデータを抽出する方法は色々ありますが、まずはプラグインの利用を検討するのがおすすめです。プラグインを使うとエラー等で失敗してしまう場合は、手動でのダウンロードを試しましょう。

プラグインを使ってエクスポートする

WordPressの主な移行用プラグイン

主要なプラグインは上記2つですが、特にAll-in-One WP Migrationがおすすめです。

おすすめ理由
  • WordPressの管理画面上だけで移行が完結する
  • 300万以上のWordPressでインストール・利用されているため、困ったときの解決方法を探しやすい

All-in-One WP Migrationを使ったエクスポート方法は、下記の記事で紹介しています。

【サイト売買・WP引越し】サーバー移行の準備方法(All-in-One WP Migration)

手動でダウンロードする(プラグインなし)

サイトデータが非常に大きい場合などは、All-in-One WP Migrationを使った移行がうまくいかないこともあります。 そんなときは手動でWordPressのデータをダウンロードする方法を取りましょう。

詳しい手順は下記の記事で紹介しています。

【WP引越し】プラグインを使わないサーバー・データベースの移行方法

4. 移行先サーバーの契約・準備

新しいレンタルサーバーの契約が済んだら、移行先で使うドメインの設定やWordPressのインストールを行っておきます。

注意
  • サイトのドメインはそのまま変えずにレンタルサーバーの変更だけ行う
  • 移行元と移行先で同じレンタルサーバー会社を利用する

上記のどちらにも当てはまる場合、サーバー会社によってはドメイン設定時にサイトのダウンタイム(最低1,2時間~)が発生してしまうことがあります。

主要なサーバー会社のドメイン設定やWordPressインストールの流れについては、下記で紹介しています。

「移行先」一覧 | ラッコM&AのKnowledgeBase

5. サイトデータを移行先サーバーに設置

WordPressの準備ができたら、サイトデータをサーバーに設置(インポート・アップロード)します。

ドメインを変えずにサーバー移行する場合

WordPressのインストール後にまずhostsファイルの設定を行う必要があります。

【サーバー移行・動作確認】hosts設定の変更方法

プラグインを使ってインポートする

All-in-One WP Migrationを使ってサイトデータをエクスポートした場合、移行先のWordPressでもプラグインをインストールし、インポートする必要があります。

All-in-One WP Migrationをインストール後、メニューの「インポート」を選択>エクスポートしたファイルをアップロードします。

上記のような画面になったらインポート(移行)完了です。より詳しい手順については、移行先向けの記事で紹介しています。

手動でアップロードする(プラグインなし)

WordPressの構成ファイルとデータベースを手動でダウンロードした場合は、下記の方法でデータ移行を行います。

  • WordPressの構成ファイルを新しいサーバーにアップロードする
  • サーバーのコントロールパネル(管理画面)から「phpMyAdmin」を使ってデータベースをインポートする

詳しい手順は以下の記事をご参照ください。

【WP引越し】プラグインを使わないサーバー・データベースの移行方法

6. 動作確認・ネームサーバー(DNS)の変更

インポートが完了したら、サイトが正しく表示されているか、httpsでアクセスできるかなどの動作確認を行いましょう。

動作に問題がなければ、最後にネームサーバーを変更します。 これにより、ドメインの参照先が移行先のサーバーへと切り替わります。

ネームサーバーの設定はドメイン管理会社の管理画面で行います。詳しい操作方法は、管理会社ごとのマニュアルをご参照ください。

7. 動作確認

ドメインの参照先が完全に切り替わるまで、1日~3日ほどかかります(DNS浸透期間)。DNS浸透期間を待ってから、サイトが正しく表示されているか、httpsでアクセスできるか等の確認を行いましょう。

ラッコM&Aで購入したサイトの移行が終わったら

無事にサイトの引っ越しが終わった後は、買主による検収に入ります。

買主の検収完了報告を受け次第、ラッコM&Aが売買代金を売主へ送金します。

検収完了報告は、ラッコM&Aマイページより行ってください。

サイト移行代行のご案内

マニュアルを読んだけどやっぱり移行作業が不安、作業の手間を省きたい…そんな方へ、ラッコM&Aのサイト移行代行サービスのご利用もおすすめしています。

サイト移行代行は、依頼者にのみ料金(33,000円税込)が発生します。