【WP引越し】WP Migration:サイトのバックアップと復元方法

この記事では、WordPressサイト/ブログのバックアップを取る方法を紹介します。WordPress本体やプラグインのバージョンをアップデートする前にバックアップを取っておくと、予期せぬエラーや表示崩れがあった場合に簡単に元に戻すことができます。

こんな時にバックアップが必要
  • WordPressのバージョンを上げる前
  • プラグインのバージョンを上げる前
  • サイトの引っ越しを行う前
MEMO
バックアップにはWordPressの無料プラグイン『All-in-One WP Migration』を使用します。

WordPressのバックアップを取る方法

①プラグインのインストール

まずはAll-in-One WP Migrationプラグインをインストールします。

WordPressにログインし、管理画面メニューのプラグイン>検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力>「今すぐインストール」をクリック後、「有効化」をクリック

これでインストール完了です。

②バックアップを作成・ダウンロード

管理画面メニューの「All-in-One WP Migration」からバックアップ>「バックアップを作成」をクリックします。
  
しばらく待つと、バックアップが完了しダウンロードリンクが表示されますので、ここからダウンロードすればOKです。

バックアップやエクスポートしたデータは、バックアップ画面から再ダウンロードすることができます。

ダウンロードに失敗する場合

バックアップデータが非常に大きい(目安として2GB~)と、エクスポートは完了していてもダウンロードの途中でエラーとなり失敗してしまうことがあります。

その場合は、FTP(ファイル転送)ソフトを使ってバックアップデータをダウンロードしましょう。FTPソフトを使うと、サーバー上のファイルをダウンロード・アップロードすることができます。

バックアップデータは、「WordPressを設置しているディレクトリ/wp-content/ai1wm-backups」に保存されています。

代表的なFTPソフト
具体的な設定方法は、各サーバー事業者の案内を参照ください。

WordPressのバックアップを復元する方法

All-in-One WP Migrationで取ったバックアップを復元する方法は2通りあります。

バックアップの復元方法
  • 「インポート」メニューからデータを復元する
  • 「バックアップ」メニューからデータを復元する(有料版の購入が必要)

ここでは、インポートでデータを復元する方法を説明します。

管理画面『All-in-One WP Migration』メニューから、インポートを選択>エクスポートデータを点線内にドラッグ&ドロップするか、「インポート元」をクリック>ファイルを選択してアップロードします。

インポートが進んで上記の説明が出たら、「開始」をクリックします。

サイトをインポートしました。の画面になれば復元は完了です。