取引条件の詳細

売却先決定後に決める取引条件の各項目について説明します。
取引条件確認の全体的な流れについては取引条件の入力・承認の方法をご確認ください。

事業譲渡契約の契約方法

  • 電子契約(ドキュサイン)
    合意した取引条件をもとに契約書が自動生成されます。
    契約の締結はオンラインで行います。

    参考:契約書の作成・締結の方法

  • 独自に契約(ラッコM&Aの契約書締結サポートなし)
    書面または独自のサービスでの締結をご利用の場合はこちらを選択してください。

主な売却物の種目

売却案件情報の内容が入力されています。
売主で編集することはできません。
自動生成される契約書はこちらの売却物の種目を反映した内容となります。

参考:事業譲渡契約書のひな形(テンプレート)を見たいです

売買価格

購入提案時の提案価格が入力されています。
売主により編集可能です。
希望売却価格や提案価格に揃える必要はありません。

ラッコM&A利用料

売主と買主で表示が異なります。

  • 売主:0円
  • 買主:成約額の5%(最低55,000円/税込)

参考:ラッコM&Aの利用料金

合計金額

売主と買主で表示が異なります。

  • 売主:売買代金(取引完了後にラッコM&Aから送金される金額)
  • 買主:売買代金+ラッコM&A利用料(ラッコM&Aへのエスクロー支払額)

参考:エスクローサービス

サイト名/アカウント名/アプリ名・URL

売却案件情報の内容が入力されています。売主で編集することはできません。
譲渡対象が追加された場合は、後述の特記事項にてご記載ください。

譲渡対象物

売主から買主に譲渡するものを選択してください。
項目にないものが含まれる場合は
「その他資産・負債・権利義務のうち、甲乙協議の上で譲渡に合意したもの」
を選択の上、後述の特記事項にてご記載ください。

移行期限日

譲渡財産の引き渡し期限日です。
譲渡財産の引き渡しは契約書締結後/エスクロー入金後となるため、余裕をもって設定することを推奨します。

サイト移行においては、移行元・移行先のサーバー・ドメイン事業者および引き渡し方法を事前に確認の上、移行期限を設定することを推奨します。
※事業者によってはサーバー契約の譲渡が書面を交わしての手続きとなり、1ヵ月ほど要する場合もあります。
売主がラッコインフラをご利用の場合、リアルタイム譲渡で即時で買主に引き渡しが可能です。

参考:WEBサイトリアルタイム譲渡とは

検収期限

譲渡財産の引き渡し完了後、不備がないか買主により確認する期間です。

競業避止期間

取引完了後に、売主が同趣旨・類似性を誤認させるような事業を運用できない期間として設定します。
特に制限を設けない場合は0と入力してください。

運用サポート期間

取引完了後に、売主が買主の運用をサポートする期間を設ける場合に期間を入力します。
サポート内容は特記事項に入力します。
特にサポート期間を設けない場合は0と入力してください。

特記事項

上記項目の補足情報や、その他特記すべき事項を入力してください。